執筆/コメント/裁判事例

八女法律事務所の執筆/コメント/裁判事例をお届けします。
随時更新しております。

裁判事例(宗教・離婚)福岡家庭裁判所八女支部平成28年11月30日審判 消費者法ニュース111号238頁・112号260頁

福岡家庭裁判所八女支部平成28年11月30日審判(福岡家庭裁判所八女支部平成28年(家)第32号子の監護者の指定申立事件、33号子の引き渡し申立事件、同(家ロ)第20号審判前の保全処分申立事件)

閉鎖的宗教団体の幹部の指示に盲従する妻が高校生の子を監護していた事例で、夫に監護者指定をする監護者指定・子の引き渡しの審判が認められた例。閉鎖的宗教団体に盲従する信者の一方親が子供を連れて別居することは良くあることですが、そのことが監護者の指定・子の引き渡しの判断に影響を与えた先例は確認できない。

なお、同時に判断された審判前の仮処分は棄却された。

*本件に関する相手方からの抗告は平成29年3月30日福岡高裁にて棄却されました。