取扱事件

医療、交通事故、消費者、債務整理、離婚、
相続・親族、一般企業法務、刑事事件 等の事例紹介です。

交通事故

 交通事故は、経済的な補償は重要ですが、先ずは治療を尽くし、できる限り健康な体を回復することが大切です。当事務所はこのような姿勢で、治療の段階から助言を行っております。

 保険会社との対応、額の適否について、判断を提供し、今後の方針を助言しています。

 また、加害者となった場合の被害者への接し方は非常に難しいものです。このような場合にこそ、代理人がその真価を発揮します。

 

事例1

 無資力・無保険の加害者による交通事故において、被害者の保険会社に対する保険金請求。保険会社からの5000万円の提示に対して、1億3000万円で示談成立。

 弁護士が介入しない場合に、保険会社ができる限り低額の支払いで済ませようとすることを示す典型事例です。保険会社からの提示があった場合には先ずは弁護士に内容を確認をされて下さい。


事例2

 胸郭出口症候群(TOS)は診断方法・治療方法が定まっていない疾病です。そのため当初の医療機関では治療効果が上がらず、非常に辛い経験をしていた被害者でしたが、最終的にTOSの専門医にたどり着き、手術をすることなく大幅な改善を得ました。ひどい頭痛や眩暈など自律神経症状に苦しまれていましたので、依頼者共々安堵した事件です。

*実績ある専門医が少ない分野です。現に症状に悩まれている方は事務所までお問い合わせいただければ専門医をお教えします。


事例3

 被害者への対応に苦慮して、代理人を立て、双方が納得して解決した。よくある事例ですが、感情的対立の解決に果た代理人の重要な役割です。

≫ 続きを読む